【2019】今一番ライブが観たい!実力派女性アーティスト6選

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

こんにちは。

祝福モードで幕が開けた令和元年。いかがお過ごしでしょうか。

筆者が、今一番ライブを観たい!注目の女性アーティストをご紹介します。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、そうでない人の新たな音楽との出会いになれば嬉しいです。ぜひ音楽に触れてみてください。

それでは、いってみましょう〜!

中村佳穂

いま、最も音楽業界で注目されている女性アーティストは、『中村佳穂』さんではないでしょうか。音楽業界から引っ張りだこな女性シンガーソングライターです。

初めてラジオで聞いたい時に、宇多田ヒカルさんかと思ったほど。歌声がとても綺麗です。

アジカンの後藤さん主催のApple Vinegar Award2019の大賞にも選ばれ、ノリにのっています。また、米津玄師さんがSNSで「きっとね!」のMVをツイートするなど、その注目度の高さがうかがえます。

フジロックフェスティバルへの出演が決まるなど、今年はさらに音楽フェスで見かけることでしょう。

NakamuraEmi

メロディーとフロウのヒップホップ的なアプローチが魅力のアーティストです。

フロウとリズムがとても印象的で、日本の女性を歌うという一貫したスタイル。

女性独自の視点から繰り出される切り裂くような歌詞のひと言ひと言に、心を鷲掴みされます。女性はとても共感をできる点があると思います。男性アーティストで例えるなら、MOROHAや竹原ピストルさんのような力強さを感じます。

数々の音楽フェスに出演が決まっているので、ぜひライブでそのグルーブを体感してみたいです。

 


AAAMYYY

音楽制作アプリ「Figure」を使用して、楽曲制作をしているという点で、とても今っぽいアーティストです。

音楽的には、Washed OutやToro y Moi 、Neon Indianなどを代表とする、チルウェーブ系の系譜を感じます。楽曲もさることながら、その歌声も素晴らしいにつきます!

また、注目のバンド『Tempaley』のメンバーとしても活躍しています。参加しているバンド共々、センスしか感じられません。

今後は、アルバムのアナログ盤も出るようなので、マストアイテムとなること間違いないですね。


ZOMBIE-CHANG

こちらもラジオで聞いてピン!ときた女性アーティスト『ZOMBIE-CHANG』です。

インパクトのあるアーティスト名も驚きですが、その楽曲のサウンドが素晴らしい!

NEW WAVE的であり、レトロフューチャー感があります。まるで、懐かしのコンピューターおばあちゃんを聞いているような感覚になります。

いそうでいない音楽性の次世代アーティストです!!

 

 

BlackBoboi

フジロックフェスティバルのルーキーAGOGOに出演したことのある「鬼の右腕」、そして、D.A.Nのサポートメンバーでもある、小林うてなさんをはじめとする女性3人組バンド『Black Boboi』。

圧倒的なクオリティの楽曲とバンドとしての存在感。才気溢れる3人全員が楽曲、トラックを制作するというスーパーユニットです。

海外アーティストのサポートアクトも行い、その知名度は徐々に上がってきています。

もはや海外のアーティストにもひけをとらない完成度。明らかに令和の音楽水準を引き上げる存在であることは間違いないです。

今後が楽しみなバンドの一つです!

 

mei ehara

歌声や楽曲が、初期の荒井由実さんを彷彿とする雰囲気が漂います。

「最初の日は」「午後には残って」などタイトルからも荒井由実さんの世界観が感じられるのが不思議です。それにしても、期待を裏切らない澄んだ歌声が楽曲と相まって素敵です。

昨年のフジロックフェスティバルにも出演をするなど、インディーながら期待度の高さが伺えます。作品は、カクバリズムからもリリースされているので、気になる方はチェックしてみてください。

ゆったりとしてゆるいフェスでのどかにライブが見てみたいです。

 


最後に

今一番観たい!女性アーティスト特集はいかがでしたでしょうか。

気になるアーティストが見つかったら、ぜひMVだけではなく、実際に音源を聴いてみてください。そして、実際にライブにも足を運んでみてくださいね。

さて、これから怒涛の夏フェスシーズンに突入します。

みなさんフェスの準備はできてますか?

今回紹介した注目の女性アーティスト達もたくさんの音楽フェスへの出演が決まっています。

ぜひ生のライブをフェスで体感してみてください。

それでは楽しみましょう〜!。

それでは。

 

コメント