【東京】南インドカレーの名店『エリックサウス八重洲店』

スポンサーリンク
カレー
スポンサーリンク

こんにちは。

スパイスカレー愛好家のオカリーフミです。

今回は、東京八重洲の名店『エリックサウス八重洲店』です。

食べログ百名店2017、2018連続で選ばれている名店です。

最近は、お店監修のレトルトカレーも販売されるほどの人気店です。

東京の南インドカレー『エリックサウス八重洲店』

通勤のサラリーマンと旅行者が交わる、東京駅。

その八重洲口の改札を抜けると、八重洲地下街がある。

地下街の奥に行列のできる、南インドカレーの名店『エリックサウス八重洲店』がある。

 

場所の詳細については、八重洲地下街のpdfマップをご確認ください。

map

まず、地下街にあるお店の多さに、びっくり。

そして、こんなところに名店があるのか、と思ってしまう奥まった場所。

初めての方は、お店にたどり着くまでに迷ってしまうかと思います。

地下街にも、地図の看板があるので、場所を確認しながらお店を探してみてください。

開店後、すぐに行列ができる人気店

この日は、平日の開店時間の10分前に到着。

10分前にも関わらず、開店準備に間に合うのかといったお店内の雰囲気。

開店を待っている同志のお客さんも数人いましたが、どこに並んでいいのかわからない様子。

筆者も初めてだったので、行列をつくるべきか迷っていました。

開店数分前に、スタッフさんから左側に並んでください、との指示があり、ようやく行列ができました。

タイミング的には、早かったので先頭から3番目に並ぶことができました。

 

席数は28席とかなり多めです。テーブル4名がけも2席あるので、お子さん連れにも優しい環境です。

カウンター席は20席ありますが、開店10分ですでに満席状態に。

その後もランチ目当てのお客さんで賑わい、20分経つと行列ができていました。

この席数を回すのに、スタッフさんは厨房も含め6名で対応していました。

厨房とホールが一体になって対応して、スムーズにカレーを提供していました。

大満足のランチメニュー

さて、ランチメニューです。写真は、お店の外にあるメニュー看板です。

主なランチメニューは以下です。

選べるカレーランチ
カレー1種 ¥800
カレー2種 ¥850
バラエティランチ
おすすめカレー4種 ¥1,000
チキンビリヤニプレート
Mサイズ ¥950
Lサイズ ¥1,250

 

特に気になったのが、チキンビリヤニプレートです。店外の張り紙には、ビリヤニは、一回で15食分しか提供できないので、次回の炊きあがりまでは、1~2時間くらいかかる場合があるとのこと。

開店してすぐに入った方で、このビリヤニを頼んでいたので、初回で頼むのが効率的なのかな〜と思います。ランチどきになると、時間がかかってしまう場合あるので、タイミングを見て注文するのが良さそうです。次回は、ビリヤニを頼んで見ても良いかなと思いました。

そして、全体的に値段も思いのほか、リーズナブル。

今回、筆者は、初回とのこともあって、多くのカレーが食べれる「バラエティランチ」を選びました。

4種のカレーがたべれてこの値段は、安い!の一言につきます。

パーフェクトなバラエティセット

バラエティセットの内容ですが、左から、エリックチキン、キーマ、バターチキン、野菜の4種のカレー。ターメリックライスとパパド。サラダ付き(又はヨーグルト)

まず、エリックチキン(辛口)ですが、辛さはそこまで辛くはなく、酸味もあり、特にフェンネルシードが薫っていたのが印象的です。キーマ(中辛)は、中辛なので、そこまで辛さはないですが、スパイスが効いて美味しい。そして、バターチキン(甘口)の深みのある濃厚さにやられました。辛さはないけどシンプルにうまい。野菜(甘口)は、こちらも辛さこそないですが、野菜の甘みが存分に凝縮されていて食べ応えありました。

ターメリックライスは、おかわり無料です。ここも嬉しいポイントです!

レトルトカレーも販売中

冒頭でもお伝えしましたが、エスビー食品株式会社から、「噂の名店」シリーズで『エリックサウス 』監修のレトルトカレーが発売しました。

 

すでに店頭には並んでいますので、お近くのスーパー、コンビニエンスストアなどで手にとってみてください。かくいう、筆者は、発売当日の2月某日に、スーパーで購入しました。

こちらのレポートも後日、公開できればと思いますので、お楽しみに。

大久保の行列店『スパイシーカレー魯珈』の店主も、ここエリックサウスの出身とのことです。

最後に

東京駅八重洲口の地下街にある名店。

食べてみると、その洗練されたカレーの味に、行列ができる理由がわかった。

それぞれの種類のカレーが、全く別の顔を持っている。

多くのスパイスカレーの名店に影響を与えてるお店であるのも頷ける。

ここの南インドカレーから、その後のスパイスカレーの潮流が始まっているように感じる。

どこか遠くへ旅行する出発の朝、遠出から帰宅した東京の夜に、立ち寄りカレーを食べたい。

そんな願いを、この地下街で感じることができる。

 

それでは、また。

お店情報

関連ランキング:インドカレー | 京橋駅東京駅宝町駅

コメント