【レビュー】超便利!色んな料理がアレンジできるホットプレート『BRUNO』

スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは。

最近、食卓がマンネリ化して、代わり映えしないなんてことはありませんか?

筆者は、共働きしている妻がいるのですが、職業柄、仕事で帰りが遅いことが多いです。そんなときは、主夫見習いとして、夕飯の準備をすることがたまにあります。

3日連続で夕飯を作ると、さすがに献立に困ってしまいます。なるべく、冷蔵庫の余り物で料理を作るようにしていますが、なかなかパッと組み合わせが思いつかない!

日々、料理を作る主婦のみなさんには、ありがちなことかもしれません。自分で体験してみてはじめて、主婦の大変さが身にしみてわかります。

そんな、マンネリ化した食卓をパッと華やかにできるアイテムをご紹介します。

色んな料理がアレンジできるホットプレート『BRUNO』

 

 

まさにフォトジェニックな食卓アイテムです。見た目も可愛くて、食卓が楽しくなります。

『BRUNO』を実際に使ってみた

入籍のお祝い品として頂いたのをきっかけに使いはじめました。

使ってみた率直な感想は、料理のバリエーションが圧倒的に増えて、超便利です!

まあ、とはいっても忙しい平日には、なかなか引っ張り出してきて使うことは難しいですが、休日に使用することが多いです!!

やっぱり、パーティー感を出すには、準備時間のある休日に限りますね。

 

さあ、まずは本体を準備します。

プレートは、デフォルトでついているものがありますが、別売りで色々とチューンナップができるのが便利です。

鉄板が深いタイプのもの、たこ焼きプレートなど、使いわけができます!

ON/OFFの切り替えレバーもおしゃれな作りになってます。何と言っても、デザインが可愛い!ですね。

 

初回は、チーズダッカルビを作りました。まさか、自宅でチーズダッカルビを作る日が来るなんて、と二人で感動しました。これも、『BRUNO』のおかげです。

第一にホットプレートが無いと、チーズダッカルビは作ろうと思いつきません!

多彩な料理のバリエーション!

普段、外食でしか食べられない料理が、自宅で手軽につくれることはとても大きいです。

別日には、定番の焼き肉、そして、もんじゃ焼き、お好み焼きもつくりました。

『BRUNO』を囲む食卓は、楽しさが自然と溢れます。

たこ焼きプレートもついているので、もちろんたこ焼きもできるし、そのプレートを活かして、アヒージョも作れます!意外ですが、たこ焼きの要領でオリーブオイルをベースに、タコを入れるだけで、簡単アヒージョの完成です。

このアイテムだけで、複数の料理が楽しめるのが、うれしいところです。

一人暮らしの時には、ホットプレートは寂しくなるだけの道具でしたが、家族が増えると楽しいものですね。一家に一台あると食卓が楽しくなること必須です。

また、カラーバリエーションがあるのも、うれしいところです。過去のホットプレートは、白や黒などの地味なイメージのものばかりでしたが、カラーが豊富なので、どのカラーを選ぼうか迷ってしまうくらいです。

そのほかにも、パエリアやパスタ、タコライスなど色とりどりな多彩な料理を作ると、さらにインスタ映えしそうです。いつの間にか料理のバリエーションが増えていきます。

二人暮らしにジャストサイズ!

コンパクトなサイズが、二人暮らしにちょうど良いです。

結婚祝いの人気アイテムということも頷けます。同棲したてのカップルや、新婚さんにはぴったりなプレートだなとおもいます。もはや結婚祝いの定番アイテムになってますね。

これが、家族が増えてファミリー層になると、だいぶ小さく感じると思います。

食べ盛りのお子さんがいると、プレートが小さすぎて、お肉を焼くのが間に合わない!などの不満が爆発してしまいそうです。

そんな時は、サイズ違いのグランデがあるので、買い替えることをオススメします。

さいごに

例えば、ホームパーティーをするときに、鍋も作りつつ、『BRUNO』でアヒージョを作れば、みんなで楽しみながら、料理を作れますので、盛り上がること間違いなしです!

今後も楽しんで料理することができれば、食卓もきっと明るくなることでしょう。

「今度は、何を作ろうか?」

なんて、会話が増えるといいですね。

 

でも実際に使ってみた感想は、会話が弾むかなと思ったのですが、意外な結果が待ってました。みなさん思い出してみてください。

蟹を食べる時、焼肉を食べる時って、集中してしまって意外とみんな黙ってしまうという謎の現象が発生しますよね。これには、要注意です!笑

くれぐれも、集中しすぎて、会話が無くならないように気をつけてください!

それでは。また。

 

 

コメント