【国立】国立探訪するなら、レトロな純喫茶『ロジーナ茶房』のザイカレーがオススメ

カレー

久しぶりの国立探訪

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今回は、学生の街でもおなじみの国立にある名店をご紹介します。

 

突然ですが、筆者だけでしょうか?

中央線下りに乗ると、なぜか、THE BOOMの名曲「中央線」を思い出します。

走り出せえ〜、中央線〜♪

超がつくほどの名曲ですよね〜。知らない方は、ぜひYoutubeで検索してみてください。余談ですいません。

 

話を戻しまして、国立駅に到着です。

国立駅に降り立ったのは、もしかすると大学のセンター試験以来かなと思いながら、ノスタルジーを感じる年の瀬です。

ひさしぶりに降りた国立駅は、なぜか親近感が湧いてきます。

その理由は、エキナカに、nonowaがあるためでした。nonowaは、武蔵境から国立までの5駅(国分寺をのぞく)に展開されている駅ビルです。nonowaのある中央線の駅は、だいたい同じ作りになっているため、統一感が出ています。普段利用している武蔵境駅と、同じ作りになっていたので、そう錯覚したのでした。

nonowa(ノノワ)公式サイト
nonowa(ノノワ)公式サイトのご案内です。「緑×人×街 つながる」 中央線からはじまる、新しいライフスタイルを提案します。

駅から大通り沿いを1分ほど歩き、小道を右に曲がると「ロジーナ茶房」のシンプルな看板が見えます。

キヨシローゆかりのレトロな純喫茶『ロジーナ茶房』

レトロな雰囲気の外観は、創業60年以上の歴史を物語っています。あの忌野清志郎ゆかりのお店です。他にも有名人のファンが多い老舗の喫茶店です。

お店のドアを開けると、1、2階とフロアが分かれており、奥行きのある店内が広がっています。大人数でも入れる広々としたスペースですが、すでにお客さんでいっぱいでした。ファミリー層もきており、地元で愛される名店であることがわかります。

お得で豊富なランチメニュー

写真は定番のランチメニューですが、この他にも日替わりのランチメニューが多数あり、迷ってしまうくらい豊富なメニューでした。今回は、お目当だった個性的な名前の『ザイカレー』880円(税込)を注文しました。

ランチメニューは、サラダとドリンクがついて、この価格なのもうれしいところです。スパゲッティ、ハンバーグ、ザイカレーを使用したドリアなどもあり、常連のリピーターが多いことも頷けます。

ザイカレーを使用したドリアも気になる一品ですね。ぜひ、次回は試してみたいと思います。

酸味と辛さが印象的なザイカレー

さて、待望のザイカレーが出てきました。

見た目が特徴的で、ブラックカレーのような色合いのビーフカレーです。渋谷のムルギーに近いような印象でした。味の方は、辛さより、トマトの酸味が強い印象がありました。ライスの量も大盛りで食べ応えがあり、この値段でこのボリュームは、地元の学生に人気がある理由が分かります。

卵と大きめのピクルスが、カレーに彩りを添えています。

そして、食後のコーヒーも美味しくいただきました。

一人で行っても、家族で行っても、くつろげるお店でした。

国立を訪れた際には、是非とも寄っていただきたい名店です。

関連ランキング:喫茶店 | 国立駅

そして、もうひとつの目的

今回のもう一つの目的ですが、年末年始に飲む日本酒探しです。

毎年、必ず年の瀬に今年の一本を選定して飲む、ただこれだけなんですが。ネット検索したところ、国立には「せきや」という老舗の酒屋さんあったので立ち寄りました。

せきやは、次の一世紀へ。|株式会社せきや 東京都国立市
せきやは100年の歴史を持つ東京都国立駅前の酒店です。ワイン・日本酒・焼酎・ウイスキー・ビールなど常時1700種類以上のお酒を販売中。品質に徹底的にこだわり、日本酒冷蔵室「銘酒蔵」や「低温ワイン倉庫」を完備。

店内は、各種お酒が揃っており、日本酒コーナー物色しましたが、お目当ての銘柄がありませんでした。調べてみると、酒屋さんによって、取り扱っている銘柄が異なるようなので、あらかじめ調べて出向くことが大事だなと痛感しました。

他のコーナーを見ていると、なんとクラフトビールの「BrewDog」が陳列されているではないですか。しかも、三本買うと、2019年のポスターカレンダーか、卓上カレンダーをプレゼント付きでした。

早速、3本購入して卓上カレンダーをゲットしました!

しかし、最近の「BrewDog」は、国内の店舗販売にも力を入れているなと肌で感じています。以前も紹介したクラフトビール飲み放題の音楽フェスを開催したり、フジロックに出店したり、国内での販売展開が急ピッチで進んでいます。

この前も、久しぶりに足を運んだライブハウスで、「PUNK IPA」が置いてあったので飲んだところでした。今後の展開も注目です。

さいごに

その後、日本酒を探しに西荻窪まで行ったのですが、いまだに目当ての銘柄は見つからずです。こちらの旅はもう少し続きそうです。

さて、久しぶりに訪れた国立には、昔ながらの喫茶店やノスタルジックな街の雰囲気と、新しい駅ナカやお店が融合した街で、これからも発展していきそうな感じがしました。

年末の雰囲気もあり、とてもゆっくりとした時間が街に流れていました。

国立でゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

 

コメント